スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告

 2006.03.02 Thu


お昼寝ちゃんとしなかったら
晩ご飯の時ねむくなるでしょ
「うん」
お父さんと一緒にお風呂も入れないよ
「うん」
そんなのがいいの
「うん」
一緒にご飯も食べないし
一緒にお風呂も入らない人は
そんなのお家の人と違うからね
「うん」
よその人だからね
「うん わかった」
そんならもうお外いきなさい
よその子になりなさい
「わかった」

玄関ドアを開けると
裸足に靴を履いて上着も着ずに
すぱすぱと2歳児は出て行った

居間の窓から玄関は死角
しばらく待つ
ここから姿が見えないということは
車道の方には出ていない
廊下の窓にまわる
カーテンを細く割って外を見た
レースが邪魔でよく見えない
こうしている間に車道に出たか
見知らぬ車が近づいて
次に会う時は遺体

居間に戻る
やはり見えない
もう誰かに手を引かれて
あるいは抱かれて行ってしまったのか
息をつめて様子をうかがう玄関ドアの
向こうにかすかな
靴音
まだ そこに

居間に戻って待ってみる
やがて
小さな頭が窓の向こうを動いてゆく
そこで止まりなさい

どこへ行こうか思案の風情に
裏道から近づくバイクの音
軒下へ逃げ込んで息を殺している
壁一枚隔てた向こうが
透けて見える気がした

バイクが去ったのを見届けて
そろりとまた姿を現す
見えない部屋のうちをうかがい
途方に暮れた肩 はやく 突然両手で顔を覆う はやく 目をこすり はやく
向きを変えて はやく 二三歩あるいたせいで はやく またもや死角に入る
はやく 少し間があって はやく はやく 「うわぁーん」と泣き声 やっと
靴を履き、ドアを開けて迎えにゆける

試したのは
こどもではなく
自分








スポンサーサイト
01:36:46 | 小さき人たち | コメント(2)

 2006.03.02 Thu


通園バスに乗り込む3人の男の子
この春からは
みな離ればなれになってしまう
一人は卒園
一人は転勤
一人残る我が子
という未来を知ってか知らずか
このところ毎朝
最前列のシートに身を寄せ合って座る

最初の停留所なので
他にこどもはおらず
いくらでも席はあるのに
かさばる鞄やコートをつめ合って
3人真面目な顔でこちらに手を振る

「いってらっしゃい」

巣の中の子ツバメみたい
ふふふ
と笑い合う母親たち
にもまた
近づく別れ





17:09:12 | 小さき人たち | コメント(0)

 2006.03.04 Sat



吸い込むときは風
味も匂いもない

吐くときは息
ときどき甘い


飲むときは水
味も匂いもない

吐くときは言葉
ときどき苦い







10:40:35 | 未分類 | コメント(2)

 2006.03.05 Sun


「ガイコクがあったら、すぐに言ってね」
こっきのえほん を開きながら言う

え、外国って全部だよ
このご本に載ってるのは全部外国

「ちがうの、アメリカとかじゃなくて、ガイコク」

ん、あのね、外国じゃないのは、ほら、この日本だけ
あとはアメリカも中国もインドもイタリアも
日本でないヨソの国はぜんぶ外国なの

5歳児に教える 「外国」の定義


「マカちゃんと、イッセくんと、おかさんと、おとさんは、なかま」
あー、おしいね
それは「仲間」じゃなくて「家族」なんだわ

「カゾク?」

2歳児に教える 「家族」の定義






00:18:45 | 小さき人たち | コメント(2)

 2006.03.05 Sun



幸いなことに
水はあんまり深くない

足首くらいの淀んだ流れから
膝上あたりの道端に
したたる泥を掻きあげる

盛られた泥はつるりと広がって
水が引くとともに生まれる凹凸
その上に
また一掻き

流れにそってカミからシモへ
生きることもこんなふうに
後ろを向いて
後始末をしながらだと
どんなにすっきりするだろう
などと思ってみたり
しながら
また一掻き

明るみに出た汚泥の中にうごめく蟲
藻のすき間に潜り込もうと身をよじる
その上にもう一掻き

水の中に
落ちたばかりの白い花を見つけて
ふと 仰ぐ
サザンカの枝
そっとすくったつもりでも
鋤から落ちた花は泥にまみれた

こんなことなら
なんどもあった

身の内から澱を掻き出すような作業に没頭して
ひととき
君を忘れる














10:38:06 | 未分類 | コメント(2)

 2006.03.06 Mon











      出逢ったのは あなたの方が 先。


























09:40:23 | 未分類 | コメント(3)

 2006.03.06 Mon



恋をしているせいで 食欲がない。

その横で

何かの異変を察知している

子どもも

食欲がない。











20:05:55 | 未分類 | コメント(5)

 2006.03.07 Tue





「きっと水色がよく似合う」

 新しい人の言葉。



 春物で見つけたら、

 迷わず袖を通そうと思う。











07:52:26 | 未分類 | コメント(3)

 2006.03.07 Tue




あなたの言葉は

もどりの付いた針

身動きするほどに深く食い込む

このまま抜けば血が出るかしら



針の血をていねいにぬぐい

場所を変えて

もういちど刺してみる





22:52:40 | 未分類 | コメント(3)

 2006.03.08 Wed



やさしい返事が届いて



また



眠れない夜を抱える。











08:47:49 | 未分類 | コメント(2)

 2006.03.08 Wed
声ニ出シテ読ムベシ。



隣の席の客にイカリングフライ定食が届いた。
その客が、ひとつ食べ終わらぬ間に
向かいの席にもイカリングフライが運ばれた。
見ると相席の男はミックスフライランチで
そこにもやはりイカリングが二つ。
この速さでイカリングが増え続ければ
注文したばかりの私のハンバーグ定食が届くまでに
店中の客がイカリングフライを食べさせられるかもしれない。

「お母さん、あのおじちゃんが食べてるドーナツ僕も食べたい」
「マカちゃんも」
「シッ! 子どもたち。
 あれはドーナツでありません。イカリングフライです。
 見ててごらん、今に恐ろしいことが起こるから。」

ほら、あの音。この匂い。まだ揚げている。
今にあの窓口から
おびただしいイカリングフライが送り出されるのだ。

逃げなくては。
転ぶ子どもの手を引いて
店の外へ出なければ。

ドアを引き開け、振り向きざまに見た
トレーに山と盛られたイカリングフライとウェイターの光る目。

料理人よ、やめろ! イカリングフライを揚げるのは。

走り出す私の背中に
サカサカとイカリングフライの迫る音がする。
泣き叫ぶ子どもを両脇に抱え
人影のない通りを駆け抜ける。

料理人よ、やめろ! イカリングフライを揚げるのは。
イカリングを揚げずに、ハンバーグを焼くのだ!

降りかかるパン粉
むせ返る油の匂い
心なしかぐったりした子どもたちを引きずって私は走る。
走れ、走れ、交差点の向こうへ!
走れ、走れ、境界の向こうへ!
信号の変わる気配に
私は猛然とスパートをかける。
背後に感じる熱気が薄れ
匂いのない風に迎えられて
向こう側へ、渡る。

「やったぁ! やったぁ! お母さん、はやかったね!」

赤信号に止められて
すごすごと引き返すイカリングの群れに
スローモーションで手を振る子どもたち。

「ばぁいばぁぁぁい、いぃかぁりぃんーぐぅーう」

イカには悪いが、
あんな形状のものにまみれて死ぬのだけは、ごめんなのだ。



                        電光石火デ返信セヨ!








09:23:06 | 未分類 | コメント(0)

 2006.03.09 Thu


  みてみて お母さん
  もう上着いらんから
  こんなに速く走れる


寒かろうと着せていた上着を
脱ぎ捨てる季節が来たことを
あなたは 心底 喜んでいる



いつか
遠い日の春に
もっとたくさんのものを脱ぎ捨てて駈けて行く
そのためのエチュード















09:04:08 | 小さき人たち | コメント(2)

 2006.03.10 Fri







かわいらしいことを言うその唇に 含ませてみたい毒がある






0.1ミリを操るその指先で 私の中に起こしてほしい事件がある














00:14:17 | 未分類 | コメント(2)

 2006.03.10 Fri
子どもの頃に見た図鑑

見開きいっぱいに
進化の歴史をわかりやすく綴る文章の下
海となく陸となく
おびただしい生物が極彩色で描かれていた
そのひとつひとつの生物の右肩には
小さな活字

誰が いつ 名付けたのか

空想で描かれた太古の異形のものたちはすでに
それぞれの種を識別するための名を持たされていた

だれもみないのに
だれもしらないのに
どれももういないのに

ヒトは名付ける動物だ
と そのとき思った
吐き気がした

名付けることが恐ろしくている

自分の所有物でもない物に
次々と名を付ける傲慢な生き物
自分もその一員であるということが
身悶えするほど恨めしく疎ましい

子どもが生まれたとき
名を付けることを迫られた
子という所有物に名付けることを許される特権
しかし目の前の存在は
何者かに所有されているという自覚を持っているとは思えなかった

せめてもの思いで
上の子は ひとりで成長するように
下の子は 人々の中心で守り育てられるように
どちらにも 
私から一番遠いところへ育って行くよう願いを込めた

夫に言わなかった
これが本当の意味












23:47:57 | 未分類 | コメント(5)

 2006.03.11 Sat



だめだ

涙が止まらない
その手の一振りも
目を上げて見られない

「まだ二週間もいるんだから」
いたずらな瞳が笑って
わざと隣に座る

思い出が多すぎて涙があふれる
のではなく
足りないのだ
あなたを失う代償に
この手に残るはずのものが
あまりに少なくて
愕然とする

今日からしめやかに時が経ち
やがて私は
あなたに手を振りながら
これからも
一切のものと
失うためにのみ出逢ってゆくことを確認するのだろう











23:40:45 | 未分類 | コメント(0)

 2006.03.12 Sun






くらいへやにいると



いろいろおもいだしてしまうから



こんやは



へやのあかりをつけたままねむる














19:45:19 | 未分類 | コメント(3)

 2006.03.12 Sun


すっぱいですか しょっぱいですか
まさか 甘くはないでしょう
辛いでしょうか まだいけますか
いやな匂いはしませんか

味わうたびに後を引く
かすかな苦みと舌触り
どんなに忘れたつもりでも
きっとあなたは思い出す

どこにも魔法はないけれど
涸れない泉がここにある
深い所から溢れ出し
あなたを潤す
私の水









22:54:39 | 未分類 | コメント(2)

 2006.03.13 Mon
百貨店の子どもの遊び場に
新型ロボット登場
1歳児がお座りしたくらいの大きさで
人の気配を感じると
「ネエ ナニカ オハナシ シテ」
「オナマエ オシエテ」

見向きもしない周囲の子ども
無関係な会話だけが
ときどきセンサーにかかる
「ナアニ モウイッカイ イッテ」
「ワカラナクナッチャッタ」
転がってきたボールに問う
「イヌ ト ネコ ドッチガ スキ?」
「オヤツ ト ゴハン ドッチガ スキ?」
思うように回答が得られないと
「ネエ ホカノ オハナシ シテ」
話題をゆだねられたボールも
誰かの手に握られて行ってしまった

ひとりの子どもが近づいて
ロボットの顔の横に口を寄せ
何事か囁いた
「ワカラナクナッチャッタ」
聞こえていない
その辺りが耳ではないらしい

「ネエ オマワリサン コワイ?」唐突な質問
間があって
「イイコニシテタラ コワクナイヨ」安易な解答
それでも一瞬
いいこ ではないじぶんが ひやり

「ネエ ホカノオハナシ シテ」








17:48:44 | 未分類 | コメント(2)

 2006.03.14 Tue
「おかあさん、塩ってなんでカライの」




海の水でできてるからだよ

海の水をくみ上げて
広い砂の上に広げる
何度も繰り返してよく沁みた砂を
掻いて 掻いて 集めて
もう一度水を与えて濾し
大きな釜で煮詰めて結晶にする

何千年も昔から
人は海を煮詰めてきた
地球で一番広い面積を占めるもの
すべての命の源を
白く固めて口にしてきた

シオとヒト
酷似した元素組成

海に囲まれた私たちの国
命に囲まれた国
すべての海はつながっているのに
ところによって
その塩の味は違うという話




「ほんならチョコレート味もあるかな!」



            話を最後だけ聞くな。









17:28:30 | 小さき人たち | コメント(3)

 2006.03.15 Wed






     いつも すてきな言葉をありがとう

        感謝を込めて 連鎖




   私のつぶやきに あなたが添えてくれた言葉

         それに応える人

           そして



            私



           もっと

           レンサ

          しましょう

         つながることで

       きっとどこまでもゆける











18:33:06 | 未分類 | コメント(2)

 2006.03.16 Thu






      言葉は 嘘だから 嫌い。









           でも








      嘘だとわかっているところが
         たまらなく好き。


















23:28:59 | 未分類 | コメント(5)

 2006.03.17 Fri
夕食時
娘の後ろ髪に取り憑いて何度も引く者あり
そのあたりをつかんで闇の底へ連れ去ろうとする

朦朧としてゆく意識の中で
その力に抗おうとしつつも
不意を食らって
バランスを崩し
椅子から転げ落ちそうになる娘
その度
めそめそ泣く
「これ、起きなさい」
声をかけると気配を消す
娘はしばし我にかえる

お友達が来て お昼寝できなかったからね
もうごはん 食べなくてもいいよ
無理しなくていいから ねんねしなさい

イヤー タベルー ゼンブタベルー

あのなぁお母さん、
ぼく今度は電車のってどこか行きたい
そうねぇ、もうすぐ春休みだから
お天気のいい日にどこかゆこうねぇ

5秒間兄の相手をしたすきに
また怪しき者の気配
引くばかりではなく
ときどき小突く
あっと思う間もなく
茶碗の中に顔を伏せ
飯にまみれてまためそめそ泣く娘

ほら、もうやめなさい
ごちそうさま言いなさい

娘の首筋に取り憑いた者が にやりと笑う

顔と手をぬぐい
抱えて部屋まで運び
ようよう着替えさせ
布団をかける

オハナシ カケテ

CDのスイッチを入れて振り返ると
娘はすでに闇の底
異界で何を見てくるのか
こんな夜は決まって何度も泣いて起きる





23:26:23 | 小さき人たち | コメント(0)

 2006.03.18 Sat











   あなた と わたし の 違い を 述べよ。














19:27:22 | 未分類 | コメント(9)

 2006.03.19 Sun


昨夜
上の子どもが珍しく夜泣き
部屋をのぞいてみると
布団の上に座り込んで激しく泣いている
「どうしたの」
抱いてやるとしがみついてきた

こわいよー こわいよー

泣きながら
なぜか何度も後ろを振り返る目は
固く閉じられたまま
まぶたの内に
いったい何を見ているのか
だいじょうぶ、だいじょうぶだよ

こわいよー こわいよー

目、あけなさい
こっち向いて
ほら、大丈夫だから

それからなお ひとしきり泣いて
やっと おそるおそる目を開けた

ことを思い出し、
一家団欒の夕食中
水を向けてみる

昨日の夜 すごく泣いてたね どうしたの

きょとんとした顔
何も覚えていないのだ
「泣いとらんよ」
泣いてたよ
すごく泣いてたんだから

と 何か思いついたふうで

「あ ぼくねぇ
 おかあさんがほかのひととけっこんするゆめみたの
 だからさみしくて ないてたの」

飯を吹きそうになる
のをこらえて
「なんだそれ そういう時は おめでとうって言うんだよ」
あとで考えても 意味不明の返答





23:44:31 | 小さき人たち | コメント(4)

 2006.03.20 Mon






存在の前には 言葉など どれほどの意味を持つものか。


目の前で起こっている現象を 言語に置き換える必要などあるのか。


言葉で捉え直すことで とりこぼす真実や事実がある。


それらからは目をそらし ようよう形になっただけの骨組みの


そのすべてが もしあなたに伝えられたとして


私は あなたと 何を分かち合いたいのだろう。









13:05:09 | 未分類 | コメント(5)

 2006.03.21 Tue



ここへくるようになって

夜毎 不思議なイメージに包まれる



眠りに落ちる瞬間に

闇の中から何か来る

高いところから降りてきて

少しずつ広がりながら私を包む

私に触れる ようでいて

どこにも触れずに取り巻いている

手を伸ばしても何の感触もなく

ぼんやりとした光に抱かれているようで

ただ心地よい

そのうち私は眼球の底から眠りに溶けて

そのあと光がどうするのか

いつも知らない



その光が

昨日 はじめて 来なかった

朝になり

目が覚めて

あれはあなただったのだと気付いた







20:20:28 | 未分類 | コメント(3)

 2006.03.22 Wed



「日月火水木金土!

 わぁ、2秒で言えた。

 一週間って、はやいねぇ。」





      「今度の土曜日、なかったらいいのに。

       金曜日の次はすぐ日曜日だったらいいのに。

       ウルトラマン最終回になるの、ぼく、いやなの。」





                     「あと二つ、幼稚園行ったら

                      黄組さんもおしまい。

                      ぼく、泣いちゃうかも。」





いいよ  泣きたい時は 好きなだけ 泣いていいんだよ





08:47:59 | 小さき人たち | コメント(2)

 2006.03.22 Wed



それはわたし

あのとき あなたの髪をなでたもの

それはわたし

あの朝 カーテンの隙間から 朝一番にあなたを照らしたもの

それはわたし

あの夜 ふと澄ました耳に 遠くかすかに聞こえたもの

それはわたし

あの道端で あなたの靴に小石をからませたもの

それはわたし

あの箱の中で あなたの指先を傷つけたもの

それはわたし

あの海で 遠く見晴るかす目に 蜃気楼のように揺れたもの

それはわたし

あの空で 永く尾を引く飛行機雲の 一番うしろで最初に消えたもの

それはわたし

あの日 あなたの頬に残った最後の涙を乾かしたもの

それはわたし

あの夕べ 湯気にまぎれて スープより先にあなたの唇に触れたもの



それはわたし

ぜんぶわたし











20:54:07 | 未分類 | コメント(0)

 2006.03.23 Thu






あれから


些細なことにも すぐに涙が出るようになり


わたくしのけんぜんなにちじょうせいかつは


機能不全












23:45:21 | 未分類 | コメント(2)

 2006.03.24 Fri



うつむく額 美しい眉つき

ドアにもたれかかり

所在なげな足元

大人の立ち話につき合わされて

いつもなら何か口を挟むころだけど

今日は そうだね 上手だよ

黙って 髪をもてあそぶ



ふと上げる瞳は

どこか遠いところを見るふうで

名残を惜しむ矛先が こちらに向かわぬようにと

さりげなく私の視線をかわす

そのくせ 全身で話を聞いて 寂しさを押し殺している

「メールでいいから、新しい住所、教えてね」

「フフ みんなそういうね」

やっと 屈託のない いつもの笑顔

この無邪気さに 何度 見とれたことだろう

「握手しよ」

車の窓に差しのべた手を

幼い手は しっかりと 握りかえした



見送る曲がり角

手を振りながら おどけた顔で小首をかしげ

名残惜しさを上手に演じる

ほら これでもう 私はあなたを 忘れられない



おくれ毛がかすかに揺れて

7歳児の別れは

想像以上に繊細で

思った通りにしたたかだった









23:01:14 | 小さき人たち | コメント(3)
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。