スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告

 2007.07.01 Sun






遠くから注がれている眼差しを

ちがうリズムで呼吸する命の気配を

私が忘れているとき 君が思い出していること

私がとらわれているとき 君が気づかないこと

繋がらなくても 切れることのない

目に見えなくても 失うことのない

網の目のように広がり

つるべのように降り

さよならであり

であいであり

君であり

私である

感謝










スポンサーサイト
21:50:43 | 未分類 | コメント(1)

 2007.07.01 Sun









         どうであるか より なんであるかを





             握りしめ 掴み出す











23:45:19 | 未分類 | コメント(1)

 2007.07.07 Sat





                      きみのおとをまつわたしのこえをまつきみ









00:41:22 | 未分類 | コメント(1)

 2007.07.08 Sun






         とどけたいことば とどけたいこえ

         とどけたいところ とどけたいひと

         とどけたいねがい とどけたいいま








23:45:10 | 未分類 | コメント(0)

 2007.07.16 Mon
            コトバを    カワす 
00:43:27 | 未分類 | コメント(1)

 2007.07.21 Sat






受け取ったバトンを
背を向けて待つ君に手渡す

姿の見えなくなった君が
どこかでこのバトンを
次の誰かにつなぐことを
疑いもしないで








22:56:32 | 未分類 | コメント(1)

 2007.07.23 Mon





マナカマーン マナカマーン
せーいーぎーのーみーかたー
マナカマーン マナカマーン
よーいひーとーよー

ごはんをはやくーたーべるー
とーきーどーきーはー
おちゃだけはやくーたーべるー
いーつーもー

マナカマーン マナカマーン
せーいーぎーのーみーかたー
マナカマーン マナカマーン
よーいひーとーよー









00:14:23 | 小さき人たち | コメント(0)

 2007.07.27 Fri



花が咲いたあとまでは覚えているけれど
落とした種を誰が拾ったか覚えてないし
覚えていても
どこへ帰って行ったのか
知ることもないし

いつもこの時季ふらりと立ち寄る夏鳥が
3日ほど前にお前を見た
と言う

旅の途中
案外な街中で
あれはお前だ間違いない
同じ花はどこにもあるが
この花びらの
ここの所がこう巻いているのは
確かにお前だ
間違いないと言う

そばに寄ってみたが
若い花は怪訝なふうで
花をついばまれでもしたらと思ったのか
かすかに顔を背けられたよ

若い女が水をやっていた
もうすぐ旅に出るからと
念入りに世話をやきながら
少し心残りなふうだった

お前のしぶとさを知る私は
大丈夫!と
ひと鳴きしてやったが
こちらを見向きもしなかった
まあ
いつものことだがね

夏鳥が去ったあと
ずいぶん長く今の話に思いを馳せた
知らぬ所で
間もなく同じ種が実を結ぶ
そこからまた
更に遠くへ旅する「私」がいることに
思えば
自分も
かつてそうしてここで芽吹いたことに
初めて気づいたような気がした

水をやる女が
どこへ行くのか
いつ戻るのか
若い花が不安だとしても
間もなく花は
自分のしたたかさを知る

遺伝子に刻み込まれた営みを
身の上におこる変化を
ひとりで受け止め受け入れる

大丈夫!

ひとりだということと
ひとりではないということは
矛盾なく両立する

大丈夫!

気づいていても
気づかなくても
確かに回って行く法に従い
お前も私も
今日を生きる

 だから
 大丈夫





01:59:00 | 未分類 | コメント(0)

 2007.07.29 Sun












               ちびたび。


















09:08:49 | 未分類 | コメント(2)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。