FC2ブログ

 2008.03.16 Sun
「おかあさん
 ぼく しぬの こわい
 しんだら もう
 いきかえれんので」

だんらんの夕食後
他愛もないアニメを見終えて
テレビのスイッチを消した
ありふれた一瞬の空白を
あっと思う間に子どもの涙声が満たす

唐突にごうごうと泣き出した兄の横で
2歳差の妹は
困惑の上に笑顔を貼付けて動けなくなった

おいで
と呪縛を解き
小さい方を抱き寄せて
内なる嵐にもまれ泣き叫ぶ人を共に見守る

ひとしきりのあと起き上がり
顔を覆う手が涙を拭い
赤い目元に光が戻るのを待って
泣きつかれた少年を引き寄せた

両腕にふたつの熱い生き物を抱きしめて

いのちのはなし
しんかのはなし
つながるためにこうたいするはなし
いきるために
しぬというじゅんびがあるはなし

「そうかぁ ぼくも しぬんやね」

兄につられて
笑顔がほどける妹






スポンサーサイト



17:24:34 | 小さき人たち | コメント(0)
| HOME |