スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告

 2009.04.10 Fri




      めざめていても         きせつはつぎへ。






スポンサーサイト
01:11:22 | 未分類 | コメント(0)

 2009.04.10 Fri

理科のじゅぎょうが始まったよ。


            おかあさん


               しぜんのものって なーんだ。


                           海でしょ。
                           山でしょ。
                           空でしょ。
                  ぼく 宇宙って ゆったんで。
木でしょ。
花でしょ。
鳥でしょ。
動物でしょ。

               人間でしょ  


あのね 人間はちがうんやって。


               なんで?  


人間いがい
  って先生ゆった。
人間はしぜんとちがうんで。










            ヒトガツクッタモノハシゼンデハアリマセン。
            デモセンセイマダヒトハヒトヲツクレナイヨ。






01:29:45 | 小さき人たち | コメント(0)

 2009.04.16 Thu




お母さん 小さい時に
自分の子どもがどんな子かなぁって
しんけんに考えたことある?
ぼくなぁ
きのう こんなゆめ見たんで

うらの神社のジャリ道で遊びよったら
空から神さまがおりて来て
「おまえの子どもはこの子だ」言うて
ちっちゃい女の子が出て来たん

ぼく その子と
いっしょに遊んだんで
かわいかったよ

しばらく遊びよったんやけど
家に入りたいなーと思ったんやけど
お母さんに
ぼくに子どもがおるってこと 言ってなかったけん
どうしよう と思ってこまってたんやけど

そしたら
ガラガラって とが開いて
「知っとるよー」て
おいでおいでーて
お母さん してくれたん

あーよかった と思ったんで









23:47:37 | 小さき人たち | コメント(0)

 2009.04.17 Fri



紙・布 第1・第3金曜日
溜まりにたまった新聞紙を
束ねにたばねて収集場所へ
段ボール 牛乳パック 雑誌 包装紙 リサイクル衣類
月に2回の混沌がゲージを埋める

最初に置いた人の近くへ
だいたい同じ種類のものをかためて出すという分別も
この時間になれば誰も守りようのないほど乱れ
広いゲージの奥の方は
手前から転げた紙袋や
段ボールの上から滑り落ちた雑誌の束

かろうじて
新聞が多めの辺りに車を寄せて
新しく積み上げるために
既に出されたものを平に直す
その中に
ひときわ黄ばんだ
ひと月ぶんはある新聞紙の束
一面トップを黒く埋める見出し
日付は1995年1月18日

新聞は日付ごとにきれいに揃えてある
ひとつめくるごとに
1000人単位で増えてゆく死者数
日付を追って詳細になる震災の全貌と
それを伝える写真

15年近く手元に置いたあの日々を
今朝 手放すことに決めた
その人を思う

四つ折りでなく
二つ折りのまま束ねた
その手を思う

一度家に帰って
ひとしきり段ボールをこわしゲージに戻ると
新しい混沌に覆われて
黄色い束は奥深くうずもれて見えなくなっていた

段ボールを出すために場所を作るフリをして
瓦礫のように積み上がったごみの下から
その束をすくい出し
もうこれ以上
だれも何も積み上げられぬ
大きな山の頂きに
そっと載せる









09:55:53 | 未分類 | コメント(0)

 2009.04.19 Sun









ひかりのちからで
ひらかれるからだ
 かぜをまとう

             ほんのすこし
             はなれていた
              あいだに

                        まるできせつが
                        ひとまわりでも
                         したようだ











00:20:08 | 未分類 | コメント(0)

 2009.04.19 Sun






預かったまま
返せずにいるものがある
忘れているわけではなく
むしろいつでもそれは
すぐに取り出せる用意がある

何度かあったチャンスを逃した時
私は
落胆と同時にかすかな安堵を覚えた
ような気がする

大切なものではないと知っている
君はもうきっと忘れている
それでも
ここにあることで
私を君にやすみなくつなげるから

返せずにいるものがある









21:37:57 | 未分類 | コメント(0)

 2009.04.20 Mon






花を咲かせないように気をつけていたが
物置の陰に
いつのまにか
ひょろりと長いセイヨウタンポポ
てっぺんに十ほどのつぼみが
明日にも開こうと色づきはじめている

迷わず根元に手をかけて
折らぬよう
ゆっくりと引き抜く
根を下ろしてから今日までに
花がここで生きた時間の手応えがする

土を払い
改めて長さを見つめる
根から吸い上げられた水は
どのくらいの速さで循環していたのか
すでに引き抜かれたことを
つぼみたちは知っているのだろうか

土のない場所を選び
花を横たえる

まだ瑞々しい根に蓄えられた水分は
ここでこれから
明日の朝
ビニール袋に入れられるまでにゆっくりと渇いて行く
その時間の長さは
種を残さぬ運命であることを受け入れるのに
充分だろうか

翌朝
ゴミに出そうとつまみ上げた萎れた茎の先は
真っ白な綿毛
誰も見ぬ真夜中に
花はすべてここで開き
一夜にして種子を結んでいた









10:33:01 | 未分類 | コメント(0)

 2009.04.22 Wed






離さない
 鼻差ない
     放さない
      話さない



             聞かない
              利かない
                  訊かない
                   効かない



         触らない
          障らない











    
00:08:42 | 未分類 | コメント(0)

 2009.04.28 Tue









      土曜日、日曜日、さんかん日の代休、遠足、また休み。
       ゴールデンウィークでなくても休みがいっぱいや。
         まだ4月やから、シールデンウィークやね!












23:20:18 | 小さき人たち | コメント(0)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。