スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
父のハイウェイカード
 2006.02.16 Thu
2001年の5月に肺がんで亡くなった父は
その1ヶ月ほど前に
5万円という最高額のハイウェイカードを買った
年末に生まれたばかりの初孫の顔を見に
我が家へ通って来るためだ

一般道なら1時間弱
高速料金700円でたった十数分の時間差を惜しむ父
母は苦笑していた

結局、父はそれを2往復分使っただけでこの世を去った

あの日
容態急変の知らせを受けて駆けつけた私たちは
父がもどかしがったその距離に阻まれて
最期に間に合わなかった

形見分けでこのカードは私のものとなった

それ以降
遺影になった父と
残された母
寝たきりの祖母
が待つ実家へ行くときは必ず使った
実家以外へも
子と一緒にこのカードを使って行けば
父が孫と作るはずだった思い出を埋め合わせできる
ような気がした

我が子と父が同時にこの世に存在したのはほんの5ヶ月だったが
生まれ出たばかりの命も
来るべき死を見据えた命も
ともに
生きることがすべてという時を刻んでいた

直前まで自力で立ち歩き
ふらふらと母にもたれるようにして息を引き取ったという父は
自分が死んだことをいまだ知らぬまま

ような気がしてならない

時は流れ、巡り来る5月
残り少なくなったカードは
最後の日付を一周忌に刻んで
その役目を終えた

                        初稿 2002,4,15





                        
23:00:51 | 未分類 | コメント(0)
コメント
コメントする?












管理者にだけ表示

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。