スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
虞れ
 2006.02.19 Sun
まだ、何かになれるだろうか
次の何かに
今の私はまだ変わってゆけるだろうか
変えたくてもどうしようもなく変わってゆくものと
変えてしまいたいのにいつまでも変わりえないもの
の狭間で
時が流れることだけに望みをつなぐのはつまらない

これで終わりといわれることは恐ろしい
命が終わりといわれるよりもっと恐ろしい

待っていてはできないことと
待ってなくてはできないこと
よく見なければ見えぬものと
見るためには目を閉じるもの
すました耳に聞き取れない音
ふさいだ耳にくり返し響く声

振り上げた手で
叩けるか
次を
拳の下にあるのは
闇ではないか

                        初稿 1993,10,8





09:19:53 | 未分類 | コメント(0)
コメント
コメントする?












管理者にだけ表示

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。