スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
あさきゆめみし
 2006.02.19 Sun
散るサクラが好きで
風のある日は よく木の下に立ってみる
吹く風ごとに枝を離れた花びらは
舞って 舞って 降り積もり
私の中に降り積もり
私をサクラに染めてゆく
風に舞い散る花びらは
降って 降って 私を満たし

    足から膝へ
   膝から腰へ
  腰から胸へ
 胸から喉へ

薄く冷たい花びらが
私をサクラに変えてゆく

あと もう少し 降り積めば
全部サクラになれるのに
いつも
花の散り終える方が
ほんの少し
はやい

だから私は まだここにいるのだろう
                        初稿 1995,6,30





14:39:32 | 未分類 | コメント(2)
コメント

ねぇ、きれいだね。
うん、そうだね。

桜って何で一気に散るのかな。
一気に散るから惜しまれるのかもね。

散りゆく桜の花びらに抱かれて。
この子は、何を感じるのだろう。
by: 桜草 | 2006.03.09 21:56 | URL | 編集




サクラは どうかしている


葉も出さず


あんなに 花ばかりになる植物を


私は 他に知らない
by: 裸感果 | 2006.03.15 00:23 | URL | 編集
コメントする?












管理者にだけ表示

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。