スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告

 2006.03.02 Thu


お昼寝ちゃんとしなかったら
晩ご飯の時ねむくなるでしょ
「うん」
お父さんと一緒にお風呂も入れないよ
「うん」
そんなのがいいの
「うん」
一緒にご飯も食べないし
一緒にお風呂も入らない人は
そんなのお家の人と違うからね
「うん」
よその人だからね
「うん わかった」
そんならもうお外いきなさい
よその子になりなさい
「わかった」

玄関ドアを開けると
裸足に靴を履いて上着も着ずに
すぱすぱと2歳児は出て行った

居間の窓から玄関は死角
しばらく待つ
ここから姿が見えないということは
車道の方には出ていない
廊下の窓にまわる
カーテンを細く割って外を見た
レースが邪魔でよく見えない
こうしている間に車道に出たか
見知らぬ車が近づいて
次に会う時は遺体

居間に戻る
やはり見えない
もう誰かに手を引かれて
あるいは抱かれて行ってしまったのか
息をつめて様子をうかがう玄関ドアの
向こうにかすかな
靴音
まだ そこに

居間に戻って待ってみる
やがて
小さな頭が窓の向こうを動いてゆく
そこで止まりなさい

どこへ行こうか思案の風情に
裏道から近づくバイクの音
軒下へ逃げ込んで息を殺している
壁一枚隔てた向こうが
透けて見える気がした

バイクが去ったのを見届けて
そろりとまた姿を現す
見えない部屋のうちをうかがい
途方に暮れた肩 はやく 突然両手で顔を覆う はやく 目をこすり はやく
向きを変えて はやく 二三歩あるいたせいで はやく またもや死角に入る
はやく 少し間があって はやく はやく 「うわぁーん」と泣き声 やっと
靴を履き、ドアを開けて迎えにゆける

試したのは
こどもではなく
自分








01:36:46 | 小さき人たち | コメント(2)
コメント


いつもと同じ生活
いつもと同じ会話
いつもと同じ返事

いつもと同じ中で、何故か何かが引っかかり”カチンっ!”
子供を叱り付ける事になる

テレビを消し、こっちを向かせる
無理やり、言われたことを先にやらせる

反抗的に文句を吐く子供

その態度、その言葉に… またまた”カチンっ!”

とうとう外に追い出すハメになる

「なんで外にいかないかんのぉ~!」
  「外に出てひとりでよく考えなさい!」
「中で考えるわっ!」
  「頭を冷やしてよく考えなさい!」

頭を冷やさなければならないのは…
きっと私の方

泣き声がやみ、中に入れ、話をする
結局、一方的に私が話すばかり
子供は何も言わない…

聞いているのかさえわからない…
私の声は届いているのか?


最後に泣くのは決まって私

こんな風に叱るつもりはなかったのに…
こんな風に追い出すつもりはないのに…

子供は何を思い、感じたのだろう?

そんなやり取りを見ている、他の兄弟達…
何を思い、感じているのだろう

by: うさぎ | 2006.03.09 16:54 | URL | 編集




いろんなことをすぐに忘れる私の遺伝か
子どもたちも忘れっぽい


「お母さん、おフロは?」
え。
「おフロ。」
なぁに、おフロなんて。まだだよゴハンが終わってから。
「え、ゴハン?」
そう、いま晩ご飯でしょ。コレ全部食べ終わってからね。
「あー、そうかそうか、あはは、忘れとったぁ。
 ゴハンだ、ゴハンだね!」


娘よ、箸を握ったままで言うことか。

by: 裸感果 | 2006.03.15 00:36 | URL | 編集
コメントする?












管理者にだけ表示

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。